ミラーレスカメラ

EOS R100とEOS R50の違いを比較。おすすめはどっち?Canonミラーレスカメラ

Canon EOS R100とEOS R50の違いを比較。おすすめはどっち?

EOS R100は2023年6月22日発売のCanon(キヤノン)製ミラーレスカメラです。

いっぽうEOS R50は2023年3月17日に発売の最先端技術が搭載されたカメラ。

両者はどちらも初心者向けのエントリーモデルですが、何が違って、どちらを買うべきなのでしょうか?

はまかぜ

性能や価格の差などが気になりますよね。

そこでミラーレスカメラ歴7年の筆者がCanon EOS R100とEOS R50の違いを比較してどちらがおすすめかをお伝えします。

はまかぜ

この記事を読めば、あなたにピッタリなカメラがわかりますよ。

この記事はこんな人におすすめ

  • ミラーレスカメラ初心者
  • EOS R100とEOS R50の購入で迷っている人

この記事の結論

EOS R100とEOS R50のおもな違いと共通点は以下のとおりです。

項目EOS R100EOS R50
画質
普通

良い
オートフォーカス性能
普通

良い
ISO感度
普通

高い
シャッター速度
普通

やや速い
連写機能
普通

速い
連続撮影可能枚数
多い

やや少ない
動画撮影
精細

高精細
液晶画面
固定式
非タッチパネル

バリアングル式
タッチパネル
USB充電・給電
非対応

対応
対応レンズ
RF-S/RFレンズ

RF-S/RFレンズ
本体のカラー
ブラックのみ

ブラック・ホワイト
本体の重さ
最軽量

軽量
価格
安い

普通
EOS R100とEOS R50のおもな違い

EOS R100がおすすめな人

  • とにかく軽くて安いミラーレスカメラが欲しい
  • 液晶モニターは固定式・非タッチパネルでも構わない
  • カメラ本体でUSB充電/給電できなくてもいい
  • 画質は普通でいいから長時間撮影したい

EOS R50がおすすめな人

  • カメラまかせでキレイな写真を撮りたい
  • 子どもや愛するペットの決定的瞬間を見逃さずベストショットを撮りたい
  • 高機能・高性能なカメラなら値段はあまり気にしない
  • 液晶モニターはバリアングル式・タッチパネル対応がいい
  • カメラ本体でUSB充電/給電したい

この記事を読んでわかること

  • EOS R100とEOS R50の共通点と相違点
  • EOS R100とEOS R50はそれぞれどんな人におすすめか

楽天お買い物マラソン限定の超特価!EOS R100↓↓

てのひらサイズのEOS R50が限定価格!↓↓

\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Canon EOS R100とEOS R50の総合比較表

Canon EOS R100とEOS R50の総合比較表
出典:キヤノン

Canon EOS R100とEOS R50の主要項目を表にして比較しました。

両者を比較して、すぐれているほうを赤字で示しています。

項目EOS R100EOS R50
カラーブラックのみホワイト・ブラック
本体の重さ約309g約328g(ブラックの場合)
有効画素数約2,410万画素約2,420万画素
映像エンジンDIGIC 8(前世代)DIGIC X(最新)
セルフクリーニングセンサーユニット--
記録媒体SD/SDHC/SDXCカードSD/SDHC/SDXCカード
記録画素数最大約2400万(6000×4000)画素最大約2400万(6000×4000)画素
画像ファイル形式JPEG、RAW、C-RAWJPEG、RAW、C-RAW、HEIF
ホワイトバランスオート(雰囲気優先)、オート(ホワイト優先)、
プリセット(太陽光、日陰、くもり、白熱電球、白色蛍光灯、ストロボ)、
マニュアル、色温度指定(約2500~10000K)、
ホワイトバランス補正、ホワイトバランスブラケティング
オート(雰囲気優先)、オート(ホワイト優先)、
プリセット(太陽光、日陰、くもり、白熱電球、白色蛍光灯、ストロボ)、
マニュアル、色温度指定(約2500~10000K)、
ホワイトバランス補正、ホワイトバランスブラケティング
オートフォーカス(AF)デュアルピクセルCMOS AFデュアルピクセルCMOS AF II
測距点最大3975ポジション最大4503ポジション
AFフレーム選択顔+追尾優先AF
スポット1点AF
1点AF
ゾーンAF
スポット1点AF
1点AF
領域拡大AF(上下左右)
領域拡大AF(周囲)
フレキシブルゾーンAF(AF1、AF2、AF3)
全域AF
フォーカス動作ワンショットAF、サーボAF、手動(MF)AIフォーカスAF、ワンショットAF、サーボAF、手動(MF)
常用ISO感度ISO100~12800ISO100~32000
シャッター速度[静止画撮影]
応用撮影ゾーン:1/4000~30秒、バルブ
かんたん撮影ゾーン:1/4000~1秒
[動画撮影]
動画自動露出:1/4000~1/25秒
動画マニュアル露出:1/4000~1/8秒
[静止画撮影]
電子先幕設定時:1/4000~30秒(すべての撮影モードを合わせて)、バルブ
電子シャッター設定時:1/8000~30秒(すべての撮影モードを合わせて)、バルブ
[動画撮影]
動画自動露出:1/4000~1/25秒
動画マニュアル露出:1/4000~1/8秒
連続撮影速度(電子先幕)
ワンショットAF時:最高約6.5コマ/秒
サーボAF時:最高約3.5コマ/秒
高速連続撮影+:最高約12コマ/秒(電子先幕)、最高約15コマ/秒(電子シャッター)
高速連続撮影:最高約7.6コマ/秒(電子先幕)、最高約15コマ/秒(電子シャッター)

低速連続撮影:最高約3.0コマ/秒(電子先幕)、最高約5.0コマ/秒(電子シャッター)
連続撮影可能枚数JPEGラージ:約100枚
RAW:約6枚
RAW+JPEGラージ:約6枚
JPEGラージ:約42枚
RAW:約7枚
RAW+JPEGラージ:約7枚
動画撮影4K24p動画
モノラルマイク内蔵
4K30p動画
タイムコード付加可能
ビデオ通話/ライブ配信対応
ステレオマイク内蔵
商品紹介で役立つ「レビュー用動画モード」
カスタム撮影モード
タッチREC
動画記録中の赤枠強調表示
フォーカスブリージング補正
レンズマウントRFマウントRFマウント
対応レンズRF-S/RFレンズRF-S/RFレンズ
液晶モニター約104万ドット(ワイド3.0型)
視野角は上下/左右ともに約150°
角度調整不可
タッチパネル非対応
情報表示設定が少ない
約162万ドット(ワイド3.0型)
視野角は上下/左右ともに約170°
バリアングル式
タッチパネル式
情報表示設定が豊富
本体起動時間約0.9秒約0.4秒
使用電池バッテリーパックLP-E17(1045mAh)、1個バッテリーパックLP-E17(1045mAh)、1個
撮影可能枚数の目安ファインダー撮影:常温(+23℃)約320枚
モニター撮影:常温(+23℃)約400枚
ファインダー撮影:常温(+23℃)約310枚
モニター撮影:常温(+23℃)約440枚
動画撮影可能時間4K/IPB (標準) 29.97/25.00fps:常温(+23℃)約1時間50分
フルHD/IPB(標準)29.97/25.00fps :常温(+23℃)約2時間40分
4K/IPB (標準) 29.97/25.00fps:常温(+23℃)約1時間
フルHD/IPB(標準)29.97/25.00fps :常温(+23℃)約2時間
インターフェースUSB Type-Cはパソコン接続のみに対応
USB充電/給電不可能
USB Type-Cはパソコン・スマホ・プリンタ接続に対応
USB充電/給電可能
WifiセキュリティWPA2に対応WPA3に対応(WPA2より強固)
価格安い(約8万円~)高い(約11万円~)
発売日2023年6月22日2023年3月17日
Canon EOS R100とEOS R50の総合比較表

Canon公式サイトの商品比較表、EOS R100仕様、EOS R50仕様をもとに筆者が作成。

かなり大きな差があるのね。

りん
はまかぜ

今からくわしく解説していくよ。

Canon EOS R100とEOS R50の外観・デザインを比較

Canon EOS R100とEOS R50の外観・デザインの比較
出典:キヤノン

外観・デザインの比較を以下の2つの項目にわけて解説します。

※各項目をクリックかタップするとくわしい内容に飛べます。

デザイン・カラー・材質の比較

デザイン・カラー・材質を比較しました。

結論:デザインと材質は同じで、ボディーカラーはEOS R50のみホワイト色がある。

項目EOS R100EOS R50
デザインやや丸みを帯びているやや丸みを帯びている
カラーブラックのみホワイト・ブラックの2色
外装材質ガラス繊維入りポリカーボネイト樹脂ガラス繊維入りポリカーボネイト樹脂
デザイン・カラー・材質の比較表

EOS R100のデザイン

EOS R100はやや丸みを帯びたデザインで、カラーはブラックのみです。

EOS R100の外観・デザイン
出典:キヤノン

EOS R50のデザイン

EOS R50はEOS R100と同じデザインですが、ブラック以外にホワイトがあります。

EOS R50の外観・デザイン
出典:キヤノン

EOS R50の実機は以下の記事でたっぷりと解説しています。

よく見ると液晶画面に違いがあるわね。

りん
はまかぜ

いいところに気づいたね、液晶モニターの比較で解説するよ。

サイズ・重さの比較

EOS R100とEOS R50のサイズと重さを比較しました。

結論:両者のサイズは同じだが、EOS R100の方が軽い。

項目EOS R100EOS R50
サイズ幅116.3×高さ85.5×奥行68.8mm幅116.3×高さ85.5×奥行68.8mm
重さ[ブラック]約309g(本体のみ)
約356g(バッテリー、メモリーカードを含む)
[ブラック]約328g(本体のみ)
約375g(バッテリー、メモリーカードを含む)
[ホワイト]約329g(本体のみ)
約376g(バッテリー、メモリーカードを含む)
サイズ・重さの比較表
はまかぜ

EOS R100は、EOS R史上もっとも軽いカメラです。

EOS R50も手のひらサイズのカメラだから気軽に持てるわよ。

りん
Canon EOS R50は本当に「てのひら本格ミラーレス」なのか?
EOS R50は手のひらサイズ

Canon EOS R100とEOS R50の撮影機能を比較

Canon EOS R100とEOS R50の撮影機能の比較
出典:キヤノン

撮影機能の比較を以下8つの項目にわけて解説します。

センサー・画素数・映像エンジンなどの比較

センサー・画素数・映像エンジン・セルフクリーニングセンサーユニットの違いを比較しました。

結論:EOS R50のほうがやや画素数が多く、映像エンジンの性能がよい。

項目EOS R100EOS R50
センサーCMOSセンサー(APS-Cサイズ)CMOSセンサー(APS-Cサイズ)
有効画素数約2410万画素約2420万画素
映像エンジンDIGIC 8(前世代)DIGIC X(最新)
セルフクリーニングセンサーユニット--
センサー・画素数・映像エンジンなどの比較表

EOS R50は最新の映像エンジンを搭載しており画像処理能力が高く、より高精細・高感度な撮影ができ高速連写も可能です。

いっぽうEOS R100は最新機種にもかかわらず、ひと世代前の映像エンジンとなっています。

コスト削減のためとは言え残念ね。

りん

またEOS R100とEOS R50いずれもセルフクリーニングセンサーユニットはありません。

セルフ クリーニング センサー ユニット:撮像素子の前面(ローパスフィルター)に付いたゴミを自動的に取り除く、超音波振動ユニット。

市販のブロアーを使って、手作業で撮像素子を掃除しましょう。

くわしくは以下の記事をご覧ください。

画像記録関係の比較

記録媒体や記録画像サイズなど、画像記録関係の違いを比較しました。

結論:EOS R50のみHEIFでの保存に対応している。

項目EOS R100EOS R50
記録媒体SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)
記録画素数L(ラージ):約2400万(6000×4000)画素
M(ミドル):約1060万(3984×2656)画素
S1(スモール1):約590万(2976×1984)画素
S2(スモール2):約380万(2400×1600)画素
RAW:約2400万(6000×4000)画素
C-RAW:約2400万(6000×4000)画素
L(ラージ):約2400万(6000×4000)画素
M(ミドル):約1060万(3984×2656)画素
S1(スモール1):約590万(2976×1984)画素
S2(スモール2):約380万(2400×1600)画素
RAW:約2400万(6000×4000)画素
C-RAW:約2400万(6000×4000)画素
画像ファイル形式JPEG
RAW
C-RAW
JPEG
HEIF
RAW
C-RAW
RAW+JPEG同時記録
ホワイトバランス種類オート(雰囲気優先)、オート(ホワイト優先)、
プリセット(太陽光、日陰、くもり、白熱電球、白色蛍光灯、ストロボ)、
マニュアル、色温度指定(約2500~10000K)、
ホワイトバランス補正、ホワイトバランスブラケティング(※)
ストロボ色温度情報通信対応
オート(雰囲気優先)、オート(ホワイト優先)、
プリセット(太陽光、日陰、くもり、白熱電球、白色蛍光灯、ストロボ)、
マニュアル、色温度指定(約2500~10000K)、
ホワイトバランス補正、ホワイトバランスブラケティング(※)
ストロボ色温度情報通信対応
ホワイトバランス補正ブルー/アンバー方向:±9段
マゼンタ/グリーン方向:±9段
ブルー/アンバー方向:±9段
マゼンタ/グリーン方向:±9段
画像記録関係の比較表

※ホワイトバランスブラケティング:一度の撮影で、ホワイトバランスを少しずつ変えながら撮影していくこと。

画像記録関係の比較では両者ほぼ同じですが、唯一の違いはHEIFの対応の有無です。

EOS R50のみHEIFという画像ファイル形式での保存に対応しています。

HEIF(ヒーフ)とは

High Efficiency Image File Formatの略で、高画質でありながらJPEGの約半分のファイルサイズで済む新しい画像ファイル形式のこと。おもにiOS 11以降のiPhoneで使用されている。

HEIFならよりたくさんの写真をSDカードに保存できるのね。

りん

オートフォーカスの比較

オートフォーカス(以下AF)の違いを比較しました。

結論:AF性能はEOS R50のほうが高い。

項目EOS R100EOS R50
フォーカス方式デュアルピクセルCMOS AFデュアルピクセルCMOS AF II
測距点最大3975ポジション最大4503ポジション
AFフレーム選択顔+追尾優先AF
スポット1点AF
1点AF
ゾーンAF
スポット1点AF
1点AF
領域拡大AF(上下左右)
領域拡大AF(周囲)
フレキシブルゾーンAF(AF1、AF2、AF3)
全域AF
AFフレーム選択操作AFフレーム選択ボタンAFフレーム選択ボタン、タッチパネル
測距輝度範囲[静止画撮影時]
EV-4~20(F1.2・中央測距点・常温・ISO100・ワンショットAF)
[動画撮影時]
EV-2.0~20
(F1.2レンズ・中央測距点・ワンショットAF・常温・ISO100・フルHD(29.97fps/25.00fps)使用時)
[静止画撮影時]
EV-4~20(F1.2・中央測距点・常温・ISO100・ワンショットAF)
[動画撮影時]
EV-3.5~20
(F1.2レンズ・中央測距点・ワンショットAF・常温・ISO100・フルHD(29.97fps/25.00fps)使用時)
フォーカス動作ワンショットAF、サーボAF、手動(MF)ワンショットAF、AIフォーカスAF、サーボAF、手動(MF)
オートフォーカスの比較表

オートフォーカス性能は、全体的にEOS R100よりもEOS R50のほうがすぐれています。

EOS R100には顔+追尾優先AFがありますが、EOS R50はさらに進化した瞳トラッキングを搭載。

はまかぜ

人物だけではなく動物の瞳をキャッチし、乗り物もトラッキングしますよ。

EOS R50の瞳トラッキング機能

またEOS R50は被写体検出に「AIによる自動AF切り替えモード」を搭載し、よりカンタンにピントを合わせて撮影できます。

EOS R50のAIフォーカスAF(AIによるオートフォーカス動作の自動切り替え)
出典:キヤノン
はまかぜ

カメラまかせでキレイな写真を撮りたいなら、EOS R50がおすすめです。

露出制御の比較

露出制御(カメラに取り込まれる光の量を調整すること)の違いを比較しました。

結論:EOS R50のほうが暗い場所でもキレイな写真を撮れる。

項目EOS R100EOS R50
測光方式撮像素子による384分割測光撮像素子による384分割測光
測光モード評価測光、部分測光、スポット測光、中央部重点平均測光評価測光、部分測光、スポット測光、中央部重点平均測光
部分測光領域約5.8%約5.8%
スポット測光領域約2.9%約2.9%
測光輝度範囲[静止画撮影]EV-2~20(常温・ISO100)
[動画撮影]EV0~20(常温・ISO100)
[静止画撮影]EV-2~20(常温・ISO100)
[動画撮影]EV0~20(常温・ISO100)
ISO感度シーンインテリジェントオート:ISO100~6400、
スペシャルシーン、クリエイティブフィルター:それぞれの撮影モードで異なる
P, Tv, Av, M(BULB以外):ISOオート、ISO100~12800任意設定(1/3、1段ステップ)、およびH(ISO25600相当)の感度拡張が可能
M(BULB):ISOオート、ISO400
シーンインテリジェントオート:ISO100~6400、
スペシャルシーン、クリエイティブフィルター:それぞれの撮影モードで異なる
Fv, P, Tv, Av, M(BULB以外):ISOオート、ISO100~32000任意設定(1/3、1段ステップ)、およびH(ISO51200相当)の感度拡張が可能
M(BULB):ISOオート、ISO400
露出補正手動:1/3段ステップ±3段
AEB:1/3段ステップ±2段
手動:1/3段ステップ±3段
AEB:1/3段ステップ±3段
AEロック自動:ワンショットAF時に、合焦と同時にAEロック
手動:P,Tv,Av,Mモード時AEロックボタンによるトグル式:再押しで解除、再々押しで更新、すべての測光方式で可能
自動:ワンショットAF時に、合焦と同時にAEロック
手動:P,Tv,Av,Mモード時AEロックボタンによるトグル式:再押しで解除、再々押しで更新、すべての測光方式で可能
露出制御の比較表

両者の露出制御は共通点が多いですが、ISO感度(カメラが光をとらえる能力)はEOS R50のほうが圧倒的に高いです。

つまりEOS R50は暗い場所でもキレイに撮影できます。

夜景を撮るならだんぜんEOS R50がいいわよ。

りん

シャッター方式と速度の比較

シャッター方式とシャッター速度の違いを比較しました。

結論:設定によってはEOS R50のほうがややシャッター速度が速い。

EOS R100EOS R50
シャッター方式電子先幕
電子シャッター(サイレントシャッターモード設定時のみ)
電子先幕
電子シャッター
シャッター速度[静止画撮影]
応用撮影ゾーン:1/4000~30秒、バルブ
かんたん撮影ゾーン:1/4000~1秒
[動画撮影]
動画自動露出:1/4000~1/25秒
動画マニュアル露出:1/4000~1/8秒
[静止画撮影]
電子先幕設定時:1/4000~30秒(すべての撮影モードを合わせて)、バルブ
電子シャッター設定時:1/8000~30秒(すべての撮影モードを合わせて)、バルブ
[動画撮影]
動画自動露出:1/4000~1/25秒
動画マニュアル露出:1/4000~1/8秒
ストロボ同調最高シャッター速度電子先幕:1/250秒電子先幕:1/250秒
シャッター速度の比較表

EOS R50は電子シャッター設定時にシャッター速度が最高1/8000秒まで対応。

はまかぜ

EOS R100より高速な被写体を撮影できます。

連写機能の比較

連写速度や連写枚数を比較しました。

結論:EOS R50のほうがベストショットを逃さないが、連続撮影可能枚数はEOS R100の勝ち。

EOS R100EOS R50
連続撮影速度(電子先幕)
ワンショットAF時:最高約6.5コマ/秒
サーボAF時:最高約3.5コマ/秒
高速連続撮影+:最高約12コマ/秒(電子先幕)、最高約15コマ/秒(電子シャッター)
高速連続撮影:最高約7.6コマ/秒(電子先幕)、最高約15コマ/秒(電子シャッター)

低速連続撮影:最高約3.0コマ/秒(電子先幕)、最高約5.0コマ/秒(電子シャッター)
連続撮影可能枚数(※)JPEGラージ:約100枚
RAW:約6枚
RAW+JPEGラージ:約6枚
JPEGラージ:約42枚
RAW:約7枚
RAW+JPEGラージ:約7枚
連写機能の比較表

※UHS-I対応 32GB SDカードを使用し、試験基準(電子先幕時、ワンショットAF、高速連続撮影+、ISO100、ピクチャースタイル:スタンダード)で測定。

EOS R50のほうが連射機能にすぐれておりベストショットを撮りやすいです。

いっぽうで連射速度を維持して連続撮影できる枚数(JPEGの場合)はEOS R100のほうが多くなっています。

総合的にはEOS R50のほうがよさそうね。

りん

動画撮影機能の比較

動画の記録サイズやビットレート(1秒あたりのデータ量)、フォーカス方式などを比較しました。

結論:EOS R50はより高精細動画を撮影でき、便利な機能が盛りだくさん。

項目EOS R100EOS R50
記録サイズ:フレームレート3840×2160(4K UHD):23.98p
1920×1080(Full HD):59.94/29.97/23.98p
1280×720(HD):119.88/59.94p
※119.88pはハイフレームレート動画
3840×2160(4K UHD):29.97/25.00/23.98p
1920×1080(Full HD):119.88/100.00/59.94/50.00/29.97/25.00/23.98p
※119.88/100.00pはハイフレームレート動画
ビットレート(ファイルサイズ)4K UHD(23.98p)IPB標準:約120Mbps
Full HD (119.88p/100.00p)/IPB標準:約52Mbps
Full HD(59.94p)/IPB標準:約60Mbps
Full HD(29.97p/23.98p)/IPB標準:約30Mbps
HD(59.94p)/IPB標準:約26Mbps
タイムラプス動画/ALL-I/4K:約300Mbps
Full HD:約90Mbps
[HDR PQ:OFF] 
4K UHD(29.97p/25.00p/23.98p)IPB標準:約120Mbps、IPB軽量:約60Mbps
Full HD (119.88p/100.00p)/IPB標準:約120Mbps、IPB軽量:約70Mbps
Full HD(59.94p/50.00p)/IPB標準:約60Mbps、IPB軽量:約35Mbps
Full HD(29.97p/25.00p/23.98p)/IPB標準:約30Mbps、IPB軽量:約12Mbps
タイムラプス動画/ALL-I/Full HD:約90Mbps
[HDR PQ:ON]
4K UHD(29.97p/25.00p/23.98p)/IPB標準:約170Mbps、IPB軽量:約85Mbps
Full HD(119.88p/100.00p)/IPB標準:約180Mbps、IPB軽量:約100Mbps ※ハイフレームレート動画
Full HD(59.94p/50.00p)/IPB標準:約90Mbps、IPB軽量:約50Mbps
Full HD(29.97p/25.00p/23.98p)/IPB標準:約45Mbps、IPB軽量:約28Mbps
タイムラプス動画/ALL-I/Full HD:約135Mbps
フォーカス方式デュアルピクセルCMOS AF、動画サーボAFデュアルピクセルCMOS AF II、動画サーボAF
要求カード性能4K UHD(25.00/23.98)/IPB(標準):UHSスピードクラス3以上
フルHD(59.94/50.00fps)/IPB(標準):SDスピードクラス10以上
フルHD(29.97/25.00/23.98fps)/IPB(標準):SDスピードクラス6以上
HD(59.94/50.00fps)/IPB(標準):SDスピードクラス4以上
ハイフレームレート動画(119.88/100.00fps)/IPB(標準):SDスピードクラス10以上
4Kタイムラプス動画(29.97/25.00fps)/ALL-I:読み出し速度が40MB/秒以上のカード
フルHDタイムラプス動画(29.97/25.00fps)/ALL-I:読み出し速度が20MB/秒以上のカード
ジオラマ風動画(29.97/25.00/23.98fps)/IPB(標準):SDスピードクラス6以上
4K UHD(29.97/25.00/23.98)/IPB(標準):UHSスピードクラス3以上
4K UHD(29.97/25.00/23.98)/IPB(軽量):SDスピードクラス10以上(8bit)、UHSスピードクラス3以上(10bit/HDR PQ)
フルHD(119.88/100.00)/IPB(標準):UHSスピードクラス3以上
フルHD(119.88/100.00)/IPB(軽量):SDスピードクラス10以上(8bit)、UHSスピードクラス3以上(10bit/HDR PQ)
フルHD(59.94/50.00)/IPB(標準):SDスピードクラス10以上(8bit)、UHSスピードクラス3以上(10bit/HDR PQ)
フルHD(59.94/50.00)/IPB(軽量):SDスピードクラス6以上(8bit)、SDスピードクラス10以上(10bit/HDR PQ)
フルHD(29.97/25.00/23.98)/IPB(標準):SDスピードクラス6以上
フルHD(29.97/25.00/23.98)/IPB(軽量):SDスピードクラス4以上
フルHD(タイムラプス動画)/(29.97/25.00)/ALL-I:読み出し速度が30MB/秒以上のカード
タイムコード非対応付加可能
デジタルズーム3~10倍(フルHD 29.97/25.00/23.98fps時)1~10倍(フルHD 29.97 / 25.00 / 23.98 fps時)
ビデオ通話/ライブ配信非対応対応(カメラへの映像保存は不可)
録音モノラルマイク内蔵(ウィンドカット機能)、外部ステレオマイク(Φ3.5mmステレオミニジャック)ステレオマイク内蔵(ウィンドカット機能)、外部ステレオマイク(マルチアクセサリーシューまたはΦ3.5mmステレオミニジャック)
その他ダイジェスト動画を自動で作成するプラスムービーオート
動画セルフタイマー
商品紹介で役立つ「レビュー用動画モード」
カスタム撮影モード
タッチREC
動画記録中の赤枠強調表示
フォーカスブリージング補正(フォーカス移動時の画角変化を抑えて自然な動画)
ダイジェスト動画を自動で作成するプラスムービーオート
動画セルフタイマー
動画撮影機能の比較表

両機種とも4K動画を撮影できますが、EOS R50はEOS R100より高精細な6Kオーバーサンプリングによる4K 30p動画に対応しています。

さらにEOS R50はオートフォーカス性能にすぐれており、便利な機能も多く撮影しやすいです。

動画撮影にもこだわりたいなら圧倒的にEOS R50ね。

りん
はまかぜ

静止画メインで使うならEOS R100も選択肢です。

レンズマウントと対応レンズの比較

レンズの種類と対応レンズを比較しました。

結論:両者とも同じレンズを装着できる。

項目EOS R100EOS R50
レンズマウントRFマウントRFマウント
対応レンズRF-Sレンズ
RFレンズ
RF-Sレンズ
RFレンズ
レンズマウントと対応レンズの比較表

EOS R100とEOS R50のマウント(レンズを装着する台座部分)は、同じRFマウントです。

RF-SレンズとRFレンズに対応しています。

マウントアダプターを使えば、EFレンズ(一眼レフEOSシリーズ用)も装着できますよ。

楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Canon EOS R100とEOS R50の外部機能・性能を比較

Canon EOS R100とEOS R50の外部機能・性能の比較
出典:キヤノン

外部機能・性能の比較を以下4つの項目にわけて解説します。

液晶モニターの比較

EOS R100とEOS R50は液晶画面に大きな違いがあります。

結論:EOS R50のほうが高精細で視野角が広く、角度調整やタッチパネル対応で表示可能な情報量も多い。

項目EOS R100EOS R50
画面サイズ/ドット数ワイド3.0型(3:2)/約104万ドットワイド3.0型(3:2)/約162万ドット
モニターの明るさ7段階7段階
視野角上下/左右ともに約150°上下/左右ともに約170°
角度調整✕(できない)○(バリアングル式)
開き角:約0~175°、回転角:(手前側)約0~90°(奥側)約0~180°
タッチパネル✕(非搭載)○(静電容量方式)
情報表示設定グリッド/ヒストグラムグリッド/ヒストグラム/レンズ情報表示/撮影距離表示/焦点距離表示/SA可変量表示/記録中の強調表示(動画撮影時のみ)/アスペクトマーカー(動画撮影時のみ)
表示言語日本語、英語日本語、英語
液晶画面の比較表

最大の注意点は、EOS R100の液晶モニターは固定式でタッチパネル非搭載であることです。

EOS R100は自撮りには不向きだし、ロー・ハイアングルの撮影もやりにくそうね。

りん
はまかぜ

タッチパネルがないから、スマホ感覚で撮影できないよ。

バッテリー容量と使用可能時間の比較

バッテリー容量や使用可能時間を比較しました。

結論:バッテリーは共通。EOS R100のほうがバッテリー持ちは良い傾向だが、起動はやや遅い。

項目EOS R100EOS R50
本体起動時間約0.9秒(CIPA基準に準拠)約0.4秒(CIPA基準に準拠)
使用電池バッテリーパックLP-E17、1個バッテリーパックLP-E17、1個
撮影可能枚数の目安ファインダー撮影:常温(+23℃)約320枚
モニター撮影:常温(+23℃)約400枚
ファインダー撮影:常温(+23℃)約310枚
モニター撮影:常温(+23℃)約440枚
動画撮影可能時間4K/IPB (標準) 29.97/25.00fps:常温(+23℃)約1時間50分
フルHD/IPB(標準)29.97/25.00fps :常温(+23℃)約2時間40分
4K/IPB (標準) 29.97/25.00fps:常温(+23℃)約1時間
フルHD/IPB(標準)29.97/25.00fps :常温(+23℃)約2時間
バッテリー容量と使用可能時間の比較表

EOS R100とEOS R50のバッテリーは同じです。

EOS R50のほうが高精細な写真や動画を撮影できるぶん消費電力が多く、バッテリー持ちは悪くなっています。

いっぽうでEOS R50は起動時間が早いのでシャッターチャンスを逃さしません。

インターフェースの比較

インターフェースを比較しました。

結論:EOS R100のUSB端子はプリンターやスマホと接続できず、USB充電/給電できないので要注意。

項目EOS R100EOS R50
デジタル端子端子形状:USB Type-C
通信:Hi-Speed USB(USB 2.0)
用途:パソコン通信用
※プリンターと接続不可、スマホと通信不可
USB充電/給電非対応
端子形状:USB Type-C
通信:Hi-Speed USB(USB 2.0)相当
用途:パソコン/スマホ通信用
USB充電/給電可能
HDMI出力端子タイプD(マイクロ)
(解像度自動切り換え)
タイプD(マイクロ)
(解像度自動切り換え)
外部マイク入力端子Φ3.5mmステレオミニジャック対応Φ3.5mmステレオミニジャック対応
インターフェースの比較表

EOS R100はコスト削減のため細かな部分で機能が減らされています。

EOS R100のUSB Type-Cはパソコンとの接続のみに対応しており、USB充電/給電できないので注意しましょう。

EOS R50はパソコンだけではなくプリンターやスマホとも接続でき、USB電源アダプターPD-E1を使ったUSB充電・給電にも対応しています。

\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

通信機能の比較

通信機能(Wifi、Bluetooth)を比較しました。

結論:EOS R50のほうがよりセキュリティ性能の高いWPA3に対応している。

WifiEOS R100EOS R50
準拠規格IEEE 802.11b/g/n 相当IEEE 802.11b/g/n 相当
伝送方式DS-SS変調方式(IEEE 802.11b)
OFDM変調方式(IEEE 802.11g/n)
DS-SS変調方式(IEEE 802.11b)
OFDM変調方式(IEEE 802.11g/n)
送信周波数(中心周波数)周波数:2412~2462MHz、チャンネル:1~11ch周波数:2412~2462MHz、チャンネル:1~11ch
接続方法インフラストラクチャーモード、カメラアクセスポイントモードインフラストラクチャーモード、カメラアクセスポイントモード
セキュリティー認証方式:オープン、共有キー、WPA-PSK/WPA2-PSK
暗号化:WEP、TKIP、AES
認証方式:オープン、共有キー、WPA/WPA2/WPA3-Personal
暗号化:WEP、TKIP、AES
Wifiの比較表
BluetoothEOS R100EOS R50
準拠規格Bluetooth Specification Version 4.2準拠
(Bluetooth low energy technology)
Bluetooth Specification Version 4.2準拠
(Bluetooth low energy technology)
伝送方式GFSK変調方式GFSK変調方式
接続機器スマートフォン、ワイヤレスリモートコントローラーBR-E1に対応スマートフォン、ワイヤレスリモートコントローラーBR-E1に対応
Bluetoothの比較表

Wifi認証方式はEOS R100がWPA2まで、EOS R50がWPA3にも対応という違いがあります。

WPA3は最新のセキュリティ技術であり、EOS R50のほうが格段にセキュリティ性能は高いです。

Canon EOS R100とEOS R50の価格を比較

Canon EOS R100とEOS R50の価格の比較
出典:キヤノン

EOS R100とEOS R50の価格について、ボディとレンズキットにわけて比較します。

結論:EOS R100のほうが約3万円安い(キヤノンオンラインショップの価格)。

価格EOS R100EOS R50
ボディのみ82,500円111,100円
レンズキット97,900円126,500円
ダブルズームキット127,600円156,200円
(参考)発売日2023年6月22日2023年3月17日
価格の比較表

EOS R100のほうがEOS R50よりも28,600円安いです。

両者のおもな違いと共通点をまとめました。

項目EOS R100EOS R50
画質
普通

良い
オートフォーカス性能
普通

良い
ISO感度
普通

高い
シャッター速度
普通

やや速い
連写機能
普通

速い
連続撮影可能枚数
多い

やや少ない
動画撮影
精細

高精細
液晶画面
固定式
非タッチパネル

バリアングル式
タッチパネル
USB充電・給電
非対応

対応
対応レンズ
RF-S/RFレンズ

RF-S/RFレンズ
本体のカラー
ブラックのみ

ブラック・ホワイト
本体の重さ
最軽量

軽量
価格
安い

普通
EOS R100とEOS R50のおもな違い

ざっくり言うと、EOS R100はEOS R50の廉価版(格安の機能限定版)です。

価格差と機能の違いを見て、あなたに合うカメラを選びましょう。

楽天お買い物マラソン限定の超特価!EOS R100↓↓

てのひらサイズのEOS R50が限定価格!↓↓

Canon EOS R100とEOS R50それぞれがおすすめな人

Canon EOS R100とEOS R50それぞれがおすすめな人
出典:キヤノン

EOS R100とEOS R50はともにエントリーモデルのミラーレスカメラです。

EOS R100はEOS R50の廉価版(格安の機能限定版)であり、約3万円の価格差があります。

それぞれどんな人におすすめなのかをまとめました。

Canon EOS R100がおすすめな人

Canon EOS R100は次のような人におすすめです。

  • とにかく軽くて安いミラーレスカメラが欲しい
  • 液晶モニターは固定式・非タッチパネルでも構わない
  • カメラ本体でUSB充電/給電できなくてもいい
  • 画質は普通でいいから長時間撮影したい

EOS R100は機能はそこそこでいいからとにかくコストを抑えたい人向けと言えます。

はまかぜ

液晶モニターの固定式・非タッチパネルは今どきではないので注意しましょう。

EOS R100はかなり割り切ったモデルね。

りん

楽天お買い物マラソン限定の超特価!EOS R100↓↓

Canon EOS R50がおすすめな人

Canon EOS R50は次のような人におすすめです。

  • カメラまかせでキレイな写真を撮りたい
  • 子どもや愛するペットの決定的瞬間を見逃さずベストショットを撮りたい
  • 高機能・高性能なカメラなら値段はあまり気にしない
  • 液晶モニターはバリアングル式・タッチパネル対応がいい
  • カメラ本体でUSB充電/給電したい

EOS R50はキヤノンの最新・最先端技術でカメラまかせの写真を撮りたい人向けです。

あなたがミラーレスカメラ初心者なら、EOS R100よりもEOS R50をおすすめします。

はまかぜ

ミラーレスカメラデビューのあなたにやさしい機能が盛りだくさん!

EOS R100との価格差3万円以上の価値があるわよ。

りん

EOS R50の特長や魅力はCanon EOS R50のレビュー。口コミや評判・製品特長は?をご覧ください。

てのひらサイズのEOS R50が限定価格!↓↓

Canon EOS R100とEOS R50の違いを比較。おすすめはどっち?まとめ

Canon EOS R100とEOS R50の違いを比較。おすすめはどっち?まとめ
出典:キヤノン

今回はCanon EOS R100とEOS R50の違いを徹底比較しました。

簡単に言うとEOS R100はEOS R50の格安版で、機能をかなり限定したカメラです。

安くて軽いカメラがほしいあなたに最適と言えます。

EOS R50はキヤノンの最新技術が盛り込まれたカメラであり、カメラまかせでキレイな写真を撮りたいあなたにピッタリです。

さあ、あなたもキヤノンのミラーレスカメラを持って、ステキな思い出づくりをしてみませんか?

楽天お買い物マラソン限定の超特価!EOS R100↓↓

てのひらサイズのEOS R50が限定価格!↓↓

-ミラーレスカメラ