ミラーレスカメラ

Canon EOS R100とEOS kiss M2の違いを比較。おすすめはどっち?

Canon EOS R100とEOS kiss M2の違いを比較。おすすめはどっち?

Canon(キヤノン)からミラーレスカメラEOS R100が2023年6月22日に発売されました。

いっぽうEOS kiss M2は2020年11月27日に発売された「EOS kissシリーズ」最後のカメラで、2年以上たちますが今なお人気があります。

どちらも初心者向けのエントリーモデルですが、何が違って、買うならどちらがおすすめなのでしょうか?

はまかぜ

性能や価格差などが気になりますよね。

そこでミラーレスカメラ歴7年の筆者がCanon EOS R100とEOS kiss M2の違いを比較してどちらがおすすめかをお伝えします。

はまかぜ

この記事を読めば、あなたに最適なカメラがどちらなのかがわかりますよ。

EOS kiss M2からEOS R100への買い替えを検討しているあなたも参考にしてね。

りん

この記事はこんな人におすすめ

  • ミラーレスカメラ初心者
  • EOS R100とEOS kiss M2の購入で迷っている人
  • EOS kiss M2からEOS R100への買い替えを検討している人

この記事の結論

EOS R100とEOS kiss M2のおもな違いと共通点は以下のとおりです。

項目EOS R100EOS kiss M2
画質
普通

普通
オートフォーカス性能
普通

普通
ISO感度
普通

高い
シャッター速度
やや速い

普通
連写機能
普通

速い
連続撮影可能枚数
多い

やや少ない
動画撮影
4K対応

4K対応
液晶画面
固定式
非タッチパネル

バリアングル式
タッチパネル
USB充電・給電
非対応

非対応
対応レンズ
RF-S/RFレンズ

EF-Mレンズ
本体のカラー
ブラックのみ

ブラック・ホワイト
本体の重さ
最軽量

軽量
価格
やや安い

普通
EOS R100とEOS kiss M2のおもな違いと共通点

EOS kiss M2からEOS R100への大きな進化はないので、買い替えなくてもよい。

EOS R100がおすすめな人

  • とにかく軽くて安い、最新のミラーレスカメラが欲しい
  • 液晶モニターは固定式・非タッチパネルでも構わない
  • 連続撮影可能枚数が多いカメラが欲しい

EOS kiss M2がおすすめな人

  • 愛する子どもやペットの決定的瞬間を見逃さずベストショットを撮りたい
  • 自撮りや子どもの撮影が多く、スマホ感覚で操作したい
  • カメラ内のゴミは自動で掃除したい(セルフクリーニングセンサーユニット)
  • ホワイト色のおしゃれなカメラを持ってお出かけしたい

この記事を読んでわかること

  • EOS R100とEOS kiss M2の共通点と相違点
  • EOS R100とEOS kiss M2はそれぞれどんな人におすすめか

楽天お買い物マラソン限定の超特価!EOS R100↓↓

根強い人気のEOS kiss M2が限定価格!↓↓

Canon EOS R100とEOS kiss M2の総合比較表

Canon EOS R100とEOS kiss M2の総合比較表
出典:キヤノン

Canon EOS R100とEOS kiss M2の主要項目を表にして比較しました。

すぐれているほうを赤字で示しています。

項目EOS R100EOS kiss M2
カラーブラックのみホワイト・ブラック
本体の重さ約309g約350g(ブラックの場合)
有効画素数約2,410万画素約2,410万画素
映像エンジンDIGIC 8(前世代)DIGIC 8(前世代)
セルフクリーニングセンサーユニットなしあり
記録媒体SD/SDHC/SDXCカードSD/SDHC/SDXCカード
記録画素数最大約2400万(6000×4000)画素最大約2400万(6000×4000)画素
画像ファイル形式JPEG、RAW、C-RAWJPEG、RAW、C-RAW
ホワイトバランスオート(雰囲気優先)、オート(ホワイト優先)、
プリセット(太陽光、日陰、くもり、白熱電球、白色蛍光灯、ストロボ)、
マニュアル、色温度指定(約2500~10000K)、
ホワイトバランス補正、ホワイトバランスブラケティング
オート(雰囲気優先)、オート(ホワイト優先)、
プリセット(太陽光、日陰、くもり、白熱電球、白色蛍光灯、ストロボ、色温度指定(約2500~10000K)、マニュアル、ホワイトバランス補正)
オートフォーカス(AF)デュアルピクセルCMOS AFデュアルピクセルCMOS AF
測距点最大143分割最大143分割
AFフレーム選択顔+追尾優先AF
スポット1点AF
1点AF
ゾーンAF
顔+追尾優先AF
スポット1点AF
1点AF
ゾーンAF
AFフレーム選択操作AFフレーム選択ボタンタッチパネル、十字キー
フォーカス動作ワンショットAF、サーボAF、手動(MF)ワンショットAF、サーボAF、手動(MF)
常用ISO感度ISO100~12800ISO100~25600
シャッター速度[静止画撮影]
応用撮影ゾーン:1/4000~30秒、バルブ
かんたん撮影ゾーン:1/4000~1秒
[動画撮影]
動画自動露出:1/4000~1/25秒
動画マニュアル露出:1/4000~1/8秒
1/4000~30秒、バルブ(すべての撮影モードを合わせて)
ストロボ同調最高シャッター速度電子先幕:1/250秒電子先幕:1/200秒
連続撮影速度(電子先幕)
ワンショットAF時:最高約6.5コマ/秒
サーボAF時:最高約3.5コマ/秒
ワンショットAF時:最高約10コマ/秒
サーボAF時:最高約7.4コマ/秒
連続撮影可能枚数JPEGラージ:約100枚
RAW:約6枚
RAW+JPEGラージ:約6枚
JPEGラージ/ファイン:約36枚
RAW:約10枚
RAW+JPEGラージ/ファイン:約10枚
動画撮影4K24p動画
モノラルマイク内蔵
4K24p動画
ライブ配信対応
ステレオマイク内蔵
レンズマウントRFマウントEF-Mマウント
対応レンズRF-S/RFレンズEF-Mレンズ
液晶モニター約104万ドット(ワイド3.0型)
視野角は上下/左右ともに約150°
角度調整不可
タッチパネル非対応
情報表示設定が少ない
約104万ドット(ワイド3.0型)
視野角は上下/左右ともに約170°
バリアングル式
タッチパネル式
情報表示設定が豊富
本体起動時間約0.9秒約1.0秒
使用電池バッテリーパックLP-E17(1045mAh)、1個バッテリーパックLP-E12(875mAh)、1個
撮影可能枚数の目安ファインダー撮影:常温(+23℃)約320枚
モニター撮影:常温(+23℃)約400枚
ファインダー撮影:常温(+23℃)約250枚/低温(0℃)約230枚
モニター撮影:常温(+23℃)約305枚/低温(0℃)約280枚
動画撮影可能時間4K/IPB (標準) 29.97/25.00fps:常温(+23℃)約1時間50分
フルHD/IPB(標準)29.97/25.00fps :常温(+23℃)約2時間40分
4K:常温(+23℃)約1時間35分
フルHD:常温(+23℃)約2時間10分/低温(0℃)約2時間10分
インターフェースUSB Type-Cはパソコン接続のみに対応
USB充電/給電不可能
USB Micro-B(パソコン通信[Hi-Speed USB(USB2.0)相当]・PictBridge用)
USB充電/給電不可能
WifiWPA2に対応WPA2に対応
NFCに対応
価格安い(約8万円~)やや高い(約9万円~)
発売日2023年6月22日2020年11月27日
Canon EOS R100とEOS kiss M2の総合比較表

Canon公式サイトの商品比較表、EOS R100仕様、EOS kiss M2仕様をもとに筆者が作成。

両者は似ているようで細かな差があるのね。

りん
はまかぜ

今からくわしく解説していくよ。

Canon EOS R100とEOS kiss M2の外観・デザインを比較

Canon EOS R100とEOS kiss M2の外観・デザインの比較
出典:キヤノン

外観・デザインの比較を以下の2つの項目にわけて解説します。

※各項目をクリックかタップするとくわしい内容に飛べます。

デザイン・カラー・材質の比較

デザイン・カラー・材質を比較しました。

結論:デザインと材質はやや異なり、ボディカラーはEOS kiss M2のみブラック以外にホワイト色もある。

項目EOS R100EOS kiss M2
デザイン丸みを帯びたやさしい印象シャープでスタイリッシュ
カラーブラックのみホワイト・ブラックの2色
外装材質ガラス繊維入りポリカーボネイト樹脂ポリカーボネート + エラストマー
デザイン・カラー・材質の比較表

EOS R100のデザイン

EOS R100はやや丸みを帯びたやさしい印象のデザインで、カラーはブラックのみです。

EOS R100の外観・デザイン
出典:キヤノン

参考までに、EOS R100と同じデザインのEOS R50実機の写真を紹介します。

Canon EOS R50に標準レンズ(RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM)を装着1
Canon EOS R50に標準レンズ(RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM)を装着2

EOS kiss M2のデザイン

EOS kiss M2はややシャープで洗練された雰囲気が特徴的で、スタイリッシュな印象です。

EOS kiss M2の外観・デザイン
出典:キヤノン

サイズ・重さの比較

EOS R100とEOS kiss M2のサイズと重さを比較しました。

結論:両者のサイズはほぼ同じだが、EOS R100の方が軽い。

項目EOS R100EOS kiss M2
サイズ幅116.3×高さ85.5×奥行68.8mm幅116.3×高さ88.1×奥行58.7mm
重さ[ブラック]約309g(本体のみ)
約356g(バッテリー、メモリーカードを含む)
[ブラック]約350g(本体のみ)
約387g(バッテリー、メモリーカードを含む)
[ホワイト]約351g(本体のみ)
約388g(バッテリー、メモリーカードを含む)
サイズ・重さの比較表
はまかぜ

EOS R100は、EOS Rシリーズの中でもっとも小さくて軽いカメラです。

と言われてもイメージがわかないわ。

りん
はまかぜ

参考までに、EOS R100と同じサイズのEOS R50の写真を紹介するよ。

Canon EOS R50は本当に「てのひら本格ミラーレス」なのか?
はまかぜ

まさに筆者(男性)の手のひらサイズ!

とてもコンパクトよ。

りん

Canon EOS R100とEOS kiss M2の撮影機能を比較

Canon EOS R100とEOS kiss M2の撮影機能の比較
出典:キヤノン

撮影機能の比較を以下8つの項目にわけて解説します。

センサー・画素数・映像エンジンなどの比較

センサー・画素数・映像エンジン・セルフクリーニングセンサーユニットの違いを比較しました。

結論:EOS kiss M2のみセルフクリーニングセンサーユニットがある。

項目EOS R100EOS kiss M2
センサーCMOSセンサー(APS-Cサイズ)CMOSセンサー(APS-Cサイズ)
有効画素数約2410万画素約2410万画素
映像エンジンDIGIC 8(前世代)DIGIC 8(前世代)
セルフクリーニングセンサーユニットなしあり
センサー・画素数・映像エンジンなどの比較表

EOS R100とEOS kiss M2はともにAPS-CサイズのCMOSセンサーで有効画素数も同じです。

しかし映像エンジンは最新のDIGIC Xではなく前世代のDIGIC 8なので注意しましょう。

EOS R100は最新機種なのに、ひと世代前の映像エンジンとは残念ね。

りん

またEOS kiss M2にはセルフクリーニングセンサーユニットがありますが、EOS R100には搭載されていません。

セルフ クリーニングセンサーユニット:撮像素子の前面(ローパスフィルター)に付いたゴミを自動的に取り除く、超音波振動ユニット。

EOS R100は市販のブロアーを使って、手作業で撮像素子を掃除しましょう。

くわしくは以下の記事をご覧ください。

画像記録関係の比較

記録媒体や記録画像サイズなど、画像記録関係の違いを比較しました。

結論:EOS R100のほうがホワイトバランス(色合い)関係にすぐれている。

項目EOS R100EOS kiss M2
記録媒体SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)SD/SDHC/SDXCメモリーカード(UHS-I対応)
記録画素数L(ラージ):約2400万(6000×4000)画素
M(ミドル):約1060万(3984×2656)画素
S1(スモール1):約590万(2976×1984)画素
S2(スモール2):約380万(2400×1600)画素
RAW:約2400万(6000×4000)画素
C-RAW:約2400万(6000×4000)画素
L(ラージ):約2400万(6000×4000)画素
M(ミドル):約1060万(3984×2656)画素
S1(スモール1):約590万(2976×1984)画素
S2(スモール2):約380万(2400×1600)画素
RAW:約2400万(6000×4000)画素
C-RAW:約2400万(6000×4000)画素
画像ファイル形式JPEG
RAW
C-RAW
JPEG
RAW
C-RAW
ホワイトバランス種類オート(雰囲気優先)、オート(ホワイト優先)、
プリセット(太陽光、日陰、くもり、白熱電球、白色蛍光灯、ストロボ)、
マニュアル、色温度指定(約2500~10000K)、
ホワイトバランス補正、ホワイトバランスブラケティング(※)可能
ストロボ色温度情報通信対応
オート(雰囲気優先)、オート(ホワイト優先)、
プリセット(太陽光、日陰、くもり、白熱電球、白色蛍光灯、ストロボ、色温度指定(約2500~10000K)、マニュアル、ホワイトバランス補正)
ストロボ色温度情報通信対応
ホワイトバランス補正ブルー/アンバー方向:±9段
マゼンタ/グリーン方向:±9段
1段ステップ±9段
画像記録関係の比較表

※ホワイトバランスブラケティング:一度の撮影で、ホワイトバランスを少しずつ変えながら撮影していくこと。

両者ともSDカードに対応しており記録画素数やファイル形式は同じです。

ホワイトバランス関係はEOS R100のほうがすぐれていますが、大きな差ではありません。

オートフォーカスの比較

オートフォーカス(以下AF)の違いを比較しました。

結論:AF性能はほぼ同じ。

項目EOS R100EOS kiss M2
フォーカス方式デュアルピクセルCMOS AFデュアルピクセルCMOS AF
測距点最大143分割最大143分割
AFフレーム選択顔+追尾優先AF
スポット1点AF
1点AF
ゾーンAF
顔+追尾優先AF
スポット1点AF
1点AF
ゾーンAF
AFフレーム選択操作AFフレーム選択ボタンタッチパネル、十字キー
測距輝度範囲[静止画撮影時]
EV-4~20(F1.2・中央測距点・常温・ISO100・ワンショットAF)
[動画撮影時]
EV-2.0~20
(F1.2レンズ・中央測距点・ワンショットAF・常温・ISO100・フルHD(29.97fps/25.00fps)使用時)
[静止画撮影時]
EV-4~18(F1.4レンズ使用時・中央測距点・ワンショットAF・常温・ISO 100)
[動画撮影時]
EV0~20(常温23℃・ISO100)
フォーカス動作ワンショットAF、サーボAF、手動(MF)ワンショットAF、サーボAF、手動(MF)
オートフォーカスの比較表

オートフォーカス性能は、EOS R100とEOS kisss M2ともにほぼ同じです。

EOS kiss M2は液晶モニターがタッチパネル式なので、タッチパネルでもAFフレーム選択操作できます。

EOS R100の液晶モニターはタッチパネル式ではありません。

露出制御の比較

露出制御(カメラに取り込まれる光の量を調整すること)の違いを比較しました。

結論:EOS kiss M2のほうが暗い場所でもキレイな写真を撮れる。

項目EOS R100EOS kiss M2
測光方式撮像素子による384分割測光撮像素子による384分割測光
測光モード評価測光、部分測光、スポット測光、中央部重点平均測光評価測光、部分測光、スポット測光、中央部重点平均測光
部分測光領域約5.8%約6.4%
スポット測光領域約2.9%約2.8%
測光輝度範囲[静止画撮影]EV-2~20(常温・ISO100)
[動画撮影]EV0~20(常温・ISO100)
静止画撮影時:EV-2~20(常温23℃・ISO100)
動画撮影時:EV0~20(常温23℃・ISO100)
ISO感度シーンインテリジェントオート:ISO100~6400、
スペシャルシーン、クリエイティブフィルター:それぞれの撮影モードで異なる
P, Tv, Av, M(BULB以外):ISOオート、ISO100~12800任意設定(1/3、1段ステップ)、およびH(ISO25600相当)の感度拡張が可能
M(BULB):ISOオート、ISO400
ISOオート(ISO100~6400自動設定)、ISO100~25600手動設定(1/3段ステップ)、
ISOオート時の上限値設定可能、および「H」(ISO51200相当)の感度拡張が可能
露出補正手動:1/3段ステップ±3段
AEB:1/3段ステップ±2段
手動:1/3段ステップ±3段
AEB:1/3段ステップ±2段
AEロック自動:ワンショットAF時に、合焦と同時にAEロック
手動:P,Tv,Av,Mモード時AEロックボタンによるトグル式:再押しで解除、再々押しで更新、すべての測光方式で可能
自動:ワンショットAF・評価測光時、合焦と同時にAEロック
手動:AEロックボタン押しによる
露出制御の比較表

両者の露出制御は共通点が多いですが、ISO感度(カメラが光をとらえる能力)はEOS kiss M2のほうが高いです。

つまりEOS kiss M2は暗い場所でもキレイに撮影することができます。

夜景を撮るならEOS kiss M2のほうがいいわね。

りん

シャッター方式と速度の比較

シャッター方式とシャッター速度の違いを比較しました。

結論:設定によってはEOS R100のほうがややシャッター速度が速い。

EOS R100EOS kiss M2
シャッター型式[静止画撮影]電子制御式フォーカルプレーンシャッター、撮像素子によるローリングシャッター
[動画撮影]撮像素子によるローリングシャッター
電子制御式、フォーカルプレーンシャッター
シャッター速度[静止画撮影]
応用撮影ゾーン:1/4000~30秒、バルブ
かんたん撮影ゾーン:1/4000~1秒
[動画撮影]
動画自動露出:1/4000~1/25秒
動画マニュアル露出:1/4000~1/8秒
1/4000~30秒、バルブ(すべての撮影モードを合わせて)
ストロボ同調最高シャッター速度電子先幕:1/250秒電子先幕:1/200秒
シャッター速度の比較表

ストロボ同調最高シャッター速度はEOS kiss M2よりもEOS R100のほうが若干速くなっています。

はまかぜ

ただしほんのわずかな差なので気にする必要はありません。

連写機能の比較

連写速度や連写枚数、記録画素数を比較しました。

結論:EOS kiss M2のほうがベストショットを逃さないが、連続撮影可能枚数はEOS R100の勝ち。

EOS R100EOS kiss M2
連続撮影速度(電子先幕)
ワンショットAF時:最高約6.5コマ/秒
サーボAF時:最高約3.5コマ/秒
ワンショットAF時:最高約10コマ/秒
サーボAF時:最高約7.4コマ/秒
連続撮影可能枚数(※)JPEGラージ:約100枚
RAW:約6枚
RAW+JPEGラージ:約6枚
JPEGラージ/ファイン:約36枚
RAW:約10枚
RAW+JPEGラージ/ファイン:約10枚
連写機能の比較表

※UHS-I対応 32GB SDカードを使用し、試験基準(電子先幕時、ワンショットAF、高速連続撮影+、ISO100、ピクチャースタイル:スタンダード)で測定。

EOS kiss M2のほうが連射機能にすぐれておりベストショットを撮りやすいです。

いっぽうで連射速度を維持して連続撮影できる枚数(JPEGの場合)はEOS R100のほうが多くなっています。

総合的にはEOS kiss M2のほうがよさそうね。

りん

動画撮影機能の比較

動画の記録サイズやビットレート(1秒あたりのデータ量)、フォーカス方式などを比較しました。

結論:EOS kiss M2のみYoutubeでライブ配信でき、ステレオマイク内蔵なので音が良い。

項目EOS R100EOS kiss M2
記録サイズ4K(3840×2160): 23.98p/25.00p
Full HD(1920×1080):59.94/29.97/23.98p
HD(1280×720):119.88/59.94p
4Kタイムラプス動画/3840×2160(16:9)
フルHDタイムラプス動画/1920×1080(16:9)
ジオラマ風動画/1920×1080(16:9)
4K(3840×2160): 23.98p/25.00p
Full HD(1920×1080): 59.94p/50.00p/29.97p/25.00p/23.98p
HD(1280×720): 119.88p/100.00p/59.94p/50.00p
ビデオスナップ(1920×1080): 29.97p/25.00p/23.98p
4Kタイムラプス動画(3840×2160): 29.97p/25.00p
フルHDタイムラプス動画(1920×1080): 29.97p/25.00p
ジオラマ風動画(1920×1080): 29.97p/25.00p/23.98p
ビットレート4K UHD(25.00/23.98fps)/IPB(標準):約120Mbps
フルHD(59.94/50.00fps)/IPB(標準):約60Mbps
フルHD(29.97/25.00/23.98fps)/IPB(標準):約30Mbps
HD(59.94/50.00fps)/IPB(標準):約26Mbps
HDハイフレームレート動画(119.88/100.00fps)/IPB(標準):約52Mbps
4Kタイムラプス動画(29.97/25.00fps)/ALL-I:約300Mbps
フルHDタイムラプス動画(29.97/25.00fps)/ALL-I:約90Mbps
フルHDジオラマ風動画(29.97/25.00/23.98fps)/IPB(標準):約30Mbps
4K(25.00fps / 23.98fps):約120Mbps
Full HD(59.94fps / 50.00fps):約60Mbps
Full HD(29.97fps / 25.00fps):約30Mbps
Full HD(23.98fps):約30Mbps
HD(119.9fps / 100.00fps):約52Mbps
HD(59.94fps / 50.00fps):約26Mbps
フォーカス方式デュアルピクセルCMOS AF、動画サーボAFデュアルピクセルCMOS AF(1点AF、顔+追尾優先AF、ゾーンAF)、コントラストAF(4K撮影時)
露出制御自動露出/マニュアル露出動画撮影用プログラムAE(ISO感度・シャッター速度・絞り数値を自動設定)、マニュアル露出
ISO感度動画自動露出:ISO感度自動設定、
動画マニュアル露出:ISOオート、手動設定
動画撮影用プログラムAE:ISO感度を自動設定、
マニュアル露出時:手動設定
要求カード性能4K UHD(25.00/23.98)/IPB(標準):UHSスピードクラス3以上
フルHD(59.94/50.00fps)/IPB(標準):SDスピードクラス10以上
フルHD(29.97/25.00/23.98fps)/IPB(標準):SDスピードクラス6以上
HD(59.94/50.00fps)/IPB(標準):SDスピードクラス4以上
ハイフレームレート動画(119.88/100.00fps)/IPB(標準):SDスピードクラス10以上
4Kタイムラプス動画(29.97/25.00fps)/ALL-I:読み出し速度が40MB/秒以上のカード
フルHDタイムラプス動画(29.97/25.00fps)/ALL-I:読み出し速度が20MB/秒以上のカード
ジオラマ風動画(29.97/25.00/23.98fps)/IPB(標準):SDスピードクラス6以上
4K UHD(25.00/23.98)/IPB(標準):UHSスピードクラス3以上
フルHD(59.94/50.00fps)/IPB(標準):SDスピードクラス10以上
フルHD(29.97/25.00/23.98fps)/IPB(標準):SDスピードクラス6以上
HD(59.94/50.00fps)/IPB(標準):SDスピードクラス4以上
ハイフレームレート動画(119.88/100.00fps)/IPB(標準):SDスピードクラス10以上
4Kタイムラプス動画(29.97/25.00fps)/ALL-I:読み出し速度が40MB/秒以上のカード
フルHDタイムラプス動画(29.97/25.00fps)/ALL-I:読み出し速度が20MB/秒以上のカード
デジタルズーム3~10倍(フルHD 29.97/25.00/23.98fps時)3~10倍(フルHD 29.97/25.00/23.98fps時)
ライブ配信非対応対応
録音モノラルマイク内蔵(ウィンドカット機能)、外部ステレオマイク(Φ3.5mmステレオミニジャック)内蔵ステレオマイク(ウインドカット機能)、外部ステレオマイク端子装備、録音レベル調整可能、アッテネーター機能あり
その他ダイジェスト動画を自動で作成するプラスムービーオート
動画セルフタイマー
ダイジェスト動画を自動で作成するプラスムービーオート
動画セルフタイマー
動画撮影機能の比較表

EOS R100およびEOS kiss M2ともに4K動画を撮影できます。

ただしYoutubeでのライブ配信機能やステレオマイク内蔵はEOS kiss M2のみです。

EOS R100のマイクがモノラルなのは残念だわ。

りん
はまかぜ

コスト削減のために細かいところを削ってるね。

レンズマウントと対応レンズの比較

レンズの種類と対応レンズを比較しました。

結論:両者のマウントは大きく異なるため、注意が必要。

項目EOS R100EOS kiss M2
レンズマウントRFマウントEF-Mマウント
対応レンズRF-Sレンズ
RFレンズ
EF-Mレンズ
レンズマウントと対応レンズの比較表

EOS kiss M2のマウント(レンズを装着する台座部分)は、EF-Mマウント(ミラーレスEOSシリーズ専用)です。

いっぽうEOS R100のマウントはRFマウントのため、EF-Mレンズを装着できません。

以下のマウントアダプターを使えばEOS R100でEFレンズ(一眼レフEOSシリーズ用)を装着できますが、EF-Mレンズは装着できないので注意しましょう。

EOS kiss M2からR100に買い替えても、EF-Mレンズは流用できないわよ。

りん
楽天ビック(ビックカメラ×楽天)
\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Canon EOS R100とEOS kiss M2の外部機能・性能を比較

Canon EOS R100とEOS kiss M2の外部機能・性能の比較
出典:キヤノン

外部機能・性能の比較を以下4つの項目にわけて解説します。

液晶モニターの比較

EOS R100とEOS kiss M2は液晶画面に大きな違いがあります。

結論:EOS kiss M2のほうが視野角が広く、角度調整やタッチパネル対応で表示可能な情報量も多い。

項目EOS R100EOS kiss M2
画面サイズ/ドット数ワイド3.0型(3:2)/約104万ドットワイド3.0型(3:2)/約104万ドット
モニターの明るさ7段階7段階
視野角上下/左右ともに約150°上下/左右ともに約170°
角度調整✕(できない)○(バリアングル式)
開き角:約0~175°、回転角:(手前側)約0~90°(奥側)約0~180°
タッチパネル✕(非搭載)○(静電容量方式)
情報表示設定グリッド/ヒストグラム基本撮影情報/詳細撮影情報/タッチボタン/ヒストグラム/水準器表示/グリッド表示/拡大表示(5倍・10倍)
表示言語日本語、英語日本語、英語
液晶画面の比較表

最大の注意点は、EOS R100の液晶モニターは固定式でタッチパネル非搭載であることです。

EOS R100は自撮りやロー・ハイアングルの撮影がやりにくそうね。

りん
はまかぜ

タッチパネルがないから、スマホ感覚で撮影できないよ。

バッテリー容量と使用可能時間の比較

バッテリー容量や使用可能時間を比較しました。

結論:EOD R100のほうがバッテリー容量が多く、撮影可能時間が長い。

項目EOS R100EOS kiss M2
本体起動時間約0.9秒(CIPA基準に準拠)約1.0秒(CIPA基準に準拠)
使用電池バッテリーパックLP-E17(1045mAh)、1個バッテリーパックLP-E12(875mAh)、1個
撮影可能枚数の目安ファインダー撮影:常温(+23℃)約320枚
モニター撮影:常温(+23℃)約400枚
ファインダー撮影:常温(+23℃)約250枚/低温(0℃)約230枚
モニター撮影:常温(+23℃)約305枚/低温(0℃)約280枚
動画撮影可能時間4K/IPB (標準) 29.97/25.00fps:常温(+23℃)約1時間50分
フルHD/IPB(標準)29.97/25.00fps :常温(+23℃)約2時間40分
4K:常温(+23℃)約1時間35分
フルHD:常温(+23℃)約2時間10分/低温(0℃)約2時間10分
バッテリー容量と使用可能時間の比較表

バッテリー容量のアップにより、EOS R100のほうが撮影可能時間は長くなりました。

本体起動時間もわずかに速くなっているのね。

りん

インターフェースの比較

インターフェースを比較しました。

結論:両者のデジタル端子は異なるが、通信速度は同じ。

項目EOS R100EOS kiss M2
デジタル端子端子形状:USB Type-C
通信:Hi-Speed USB(USB 2.0)
用途:パソコン通信用
※プリンターと接続不可、スマホと通信不可
USB充電/給電非対応
USB Micro-B(パソコン通信[Hi-Speed USB(USB2.0)相当]・PictBridge用)
※USB充電/給電非対応
HDMI出力端子タイプD(マイクロ)
(解像度自動切り換え)
タイプD(マイクロ)
(解像度自動切り換え)
外部マイク入力端子Φ3.5mmステレオミニジャック対応Φ3.5mmステレオミニジャック対応
インターフェースの比較表

EOS R100のデジタル端子はUSB Type-Cです。

しかしHi-Speed USB(USB 2.0)なのでEOS kiss M2のUSB Micro-Bと変わりありません。

またいずれもUSB充電/給電できないので注意しましょう。

通信機能の比較

通信機能(Wifi、Bluetooth)を比較しました。

結論:EOS kiss M2のみNFCに対応している。
※NFCとは、スマホを使ってカメラにワンタッチするだけでWifi接続できる機能のこと。

WifiEOS R100EOS kiss M2
準拠規格IEEE 802.11b/g/n 相当IEEE 802.11b/g/n 相当
伝送方式DS-SS変調方式(IEEE 802.11b)
OFDM変調方式(IEEE 802.11g/n)
DS-SS変調方式(IEEE 802.11b)
OFDM変調方式(IEEE 802.11g/n)
送信周波数(中心周波数)周波数:2412~2462MHz、チャンネル:1~11ch周波数:2412~2462MHz、チャンネル:1~11ch
接続方法インフラストラクチャーモード、カメラアクセスポイントモードインフラストラクチャーモード、カメラアクセスポイントモード
セキュリティー認証方式:オープン、共有キー、WPA-PSK/WPA2-PSK
暗号化:WEP、TKIP、AES
認証方式:オープン、共有キー、WPA-PSK/WPA2-PSK
暗号化:WEP、TKIP、AES
NFC-対応
Wifiの比較表
BluetoothEOS R100EOS kiss M2
準拠規格Bluetooth Specification Version 4.2準拠
(Bluetooth low energy technology)
Bluetooth Specification Version 4.2準拠
(Bluetooth low energy technology)
伝送方式GFSK変調方式GFSK変調方式
接続機器スマートフォン、ワイヤレスリモートコントローラーBR-E1に対応スマートフォン、ワイヤレスリモートコントローラーBR-E1に対応
Bluetoothの比較表

EOS kiss M2のみNFCに対応しているという違いがありますが、正直なくても困らない機能です。

はまかぜ

NFCの有無で両者どちらかをえらぶ決め手にはなりません。

Canon EOS R100とEOS kiss M2の価格を比較

Canon EOS R100とEOS kiss M2の価格の比較
出典:キヤノン

EOS R100とEOS kiss M2の価格について、ボディとレンズキットにわけて比較します。

結論:EOS R100とEOS kiss M2の価格差は1万円程度。

価格EOS R100EOS kiss M2
ボディのみ約7万円~約9万円~
レンズキット約9万円~
(RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM)
約10万円~
(EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM)
ダブルズームキット約13万円~
(RF-S18-45mm F4.5-6.3 IS STM+RF-S55-210mm F5-7.1 IS STM)
約12万円~
(EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM+EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM)
(参考)発売日2023年6月22日2020年11月27日
価格の比較表

ボディーのみとレンズキットはEOS R100のほうが安く、ダブルズームキットはEOS kiss M2のほうが安くなっています。

両者のおもな違いと共通点をまとめました。

項目EOS R100EOS kiss M2
画質
普通

普通
オートフォーカス性能
普通

普通
ISO感度
普通

高い
シャッター速度
やや速い

普通
連写機能
普通

速い
連続撮影可能枚数
多い

やや少ない
動画撮影
4K対応

4K対応
液晶画面
固定式
非タッチパネル

バリアングル式
タッチパネル
USB充電・給電
非対応

非対応
対応レンズ
RF-S/RFレンズ

EF-Mレンズ
本体のカラー
ブラックのみ

ブラック・ホワイト
本体の重さ
最軽量

軽量
価格
やや安い

普通
EOS R100とEOS kiss M2のおもな違いと共通点

EOS R100とEOS kiss M2は特長がかなり似ています。

価格差と機能の違いを見て、あなたに合うカメラを選びましょう。

楽天お買い物マラソン限定の超特価!EOS R100↓↓

根強い人気のEOS kiss M2が限定価格!↓↓

Canon EOS R100とEOS kiss M2それぞれがおすすめな人

Canon EOS R100とEOS kiss M2それぞれがおすすめな人
出典:キヤノン

EOS R100とEOS kiss M2はいずれもエントリーモデルのミラーレスカメラです。

性能はかなり似ており、価格差は1万円ほどしかありません。

それぞれどんな人におすすめなのかをまとめました。

Canon EOS R100がおすすめな人

Canon EOS R100は次のような人におすすめです。

  • とにかく軽くて安い、最新のミラーレスカメラが欲しい
  • 液晶モニターは固定式・非タッチパネルでも構わない
  • 連続撮影可能枚数が多いカメラが欲しい

EOS R100の魅力はEOS Rシリーズ最軽量・コンパクトで気軽に持てて、最新モデルなのにお手頃価格であることです。

はまかぜ

標準レンズキットは10万円を切ります。

楽天お買い物マラソン限定の超特価!EOS R100↓↓

Canon EOS kiss M2がおすすめな人

Canon EOS kiss M2は次のような人におすすめです。

  • 愛する子どもやペットの決定的瞬間を見逃さずベストショットを撮りたい
  • 自撮りや子どもの撮影が多く、スマホ感覚で操作したい
  • カメラ内のゴミは自動で掃除したい(セルフクリーニングセンサーユニット)
  • ホワイト色のおしゃれなカメラを持ってお出かけしたい

EOS kiss M2は発売から2年以上たちますが、バリアングル式・タッチパネル液晶を搭載し連射機能にすぐれたモデルです。

ホワイト色がかわいいのよね~!

りん

ホワイト色が人気のEOS kiss M2が限定価格!↓↓

Canon EOS R100とEOS kiss M2の違いを比較。おすすめはどっち?まとめ

Canon EOS R100とEOS kiss M2の違いを比較。おすすめはどっち?まとめ
出典:キヤノン

今回はCanon EOS R100とEOS kiss M2の違いを徹底比較しました。

ざっくり言うとEOS R100はEOS kiss M2の基本性能をほぼそのままに、軽量化した格安モデルです。

最新の安くて軽いカメラがほしいあなたにピッタリよ。

りん
はまかぜ

液晶画面は固定式でタッチパネル非対応であることに注意しましょう。

EOS kiss M2は自撮りやロー・ハイアングルが取りやすく、ブラック以外におしゃれなホワイト色もあるカメラです。

液晶画面の角度を変えられるから、赤ちゃんの写真を撮りやすいわよ。

りん

さあ、あなたもキヤノンのミラーレスカメラを持って、かげがえのない思い出を作ってみませんか?

楽天お買い物マラソン限定の超特価!EOS R100↓↓

ホワイト色が人気のEOS kiss M2が限定価格!↓↓

-ミラーレスカメラ