はまかぜ

大好きな家電をアツく語ります。

MCK704Aの口コミ評判レビュー。電気代は?ダイキン加湿空気清浄機

2024/1/31

MCK704Aの口コミ評判レビュー。ダイキン加湿空気清浄機

MCK704Aの口コミ評判をレビューします。キャスターはオプションですが、消臭・空気清浄力、ニオイやホコリ検知力、花粉症の改善、静音性、給水性が高く評価されていました。乾燥や感染症に備えてダイキン加湿空気清浄機を導入しましょう。

MCK704AとMCK70Zの違いを比較。価格や性能差は?ダイキン加湿空気清浄機

2024/1/31

MCK704AとMCK70Zの違いを比較。価格や性能差は?ダイキン加湿空気清浄機

MCK704AとMCK70Zダイキン加湿空気清浄機の違いを比較。両者の違いは型番のみでMCK704Aは最新モデル、MCK70Zは型落ちモデルなので、コストを抑えたいなら約2万円安いMCK70Zがおすすめです。

MCK904AとMCK704Aの違いを比較。価格や機能差は?ダイキン加湿空気清浄機

2024/1/31

MCK904AとMCK704Aの違いを比較。価格や機能差は?ダイキン加湿空気清浄機

MCK904AとMCK704Aダイキン加湿空気清浄機の違いを比較。MCK904Aのほうが大風量で自動ルーバー搭載、花粉などの浄化能力にすぐれており、おまかせ運転で自動的に気流制御してくれます。すべて機械にまかせたいならMCK904A、コストを抑えたいならMCK704Aがおすすめです。

F-VXW70の口コミ評判レビュー。電気代は高い?パナソニック加湿空気清浄機

2024/1/30

F-VXW70の口コミ評判レビュー。電気代は高い?パナソニック加湿空気清浄機

F-VXW70の口コミ評判レビューと電気代を紹介します。悪い口コミは少数で、消臭・加湿力、ニオイ・汚れ検知力、花粉症状の改善、静音性、お手入れのしやすさが高く評価されていました。電気代は1時間あたり約0.2~1.8円と経済的です。

F-VXW70とF-VXV70の違いを比較。価格や性能は?パナソニック加湿空気清浄機

2024/1/30

F-VXW70とF-VXV70の違いを比較。価格や性能は?パナソニック加湿空気清浄機

F-VXW70とF-VXV70(F-VC70XV)パナソニック加湿空気清浄機の違いを比較します。型番が違うだけで機能・性能は同一であり、最新モデルを使いたいならF-VXW70、最新機能を安く使いたいならF-VXV70(F-VC70XV)がおすすめです。

ダイニチ加湿器使い捨てフィルターと通常タイプの違いは?【LXタイプ用】

2023/12/21

ダイニチ加湿器使い捨てフィルターと通常タイプの違い。交換目安は?【LXタイプ用】

ダイニチ加湿器LXシリーズの使い捨てフィルターと通常フィルターの違いを比較しました。使い捨てフィルターは3か月ごとの交換でお手入れ不要ですが高コストです。通常フィルターは最大30か月持って低コストですが毎月お手入れが必要となります。

KI-SX100の口コミ評判レビュー。電気代は高い?シャープ加湿空気清浄機

2024/1/30

KI-SX100の口コミ評判レビュー。電気代は高い?シャープ加湿空気清浄機

KI-SX100の口コミ評判レビューと電気代を紹介します。悪い口コミは少数で、抜群の消臭力と加湿力、ニオイ検知力の高さ、花粉症状の改善、静音性、スマホ連携の利便性、自動フィルター掃除が高く評価されていました。電気代は1時間あたり約0.24~3.0円と経済的です。

KI-SX100とKI-RX100の違いを比較。おすすめはどっち?シャープ加湿空気清浄機

2024/1/30

KI-SX100とKI-RX100の違いを比較。おすすめはどっち?シャープ加湿空気清浄機

KI-SX100とKI-RX100シャープ加湿空気清浄機の違いを比較します。型番が変わっただけで機能・性能は同一であり、最新モデルを使いたいならKI-SX100、最新機能を安く使いたいならKI-RX100がおすすめです。

NA-LX129Cの口コミ評判レビュー。電気代は高い?寸法は?パナソニックドラム洗濯乾燥機

2024/1/30

NA-LX129Cの口コミ評判レビュー。電気代は高い?寸法は?パナソニックドラム洗濯乾燥機

NA-LX129Cの口コミ評判レビューと電気代・水道代、寸法を紹介します。悪い口コミは少数で、抜群の洗浄力と乾燥力、洗剤等の自動投入の便利さ、操作のしやすさや静音性が高く評価されていました。電気代は1回あたり28円・水道代14円で、総外形寸法は幅639×奥行722×高さ1,060 mmです。